個人事業主の経理

TOPページ > 個人事業主の経理 > 経理業務の基本は記帳から

経理業務の基本は記帳から

 なぜ、日々の経理業務を行わなくてはならないのかをご説明いたします。

経理業務の基本は記帳から

 なぜ、日々の経理業務として記帳を行わなくはならないのかご説明いたします。

 個人事業主の皆様は、最終的に一年間(1月1日から12月31日迄)の業務の収支を計算し、決算書を作成し、確定申告の手続きを行わなくてはなりません(納税は、所得税は、3月15日・消費税は、3月31日迄)。

 その際に、青色申告で申告するか白色申告で申告するかは、どのように記帳を行ったかよって変わってきます(青色申告を行う際は、開業から二ヶ月以内か、その年の3月15日迄に所得税の青色申告承認書を提出する必要があります。)。

 青色申告で申告を行うか白色申告で申告を行うかによって控除額など様々な面で条件が異なります。

 ですので、日々の経理業務として、記帳を行い、青色申告を行う事をお勧めいたします。

白色申告と青色申告

 個人事業主の皆様は、毎年所得税の確定申告を行わなければなりません。

 この確定申告には、白色申告と青色申告の2種類があり、所得金額で自動的に変化するものではなく、個人事業主の皆様本人でいずれかを選択するものです。

 個人事業主として、開業の届出を提出しただけでは、白色申告になります。

 そこで、青色申告を行うためには、前もって青色申告承認書を税務署に提出し、承認を受けて、はじめて青色申告を行う事が出来ます。又、青色申告を行うためには、一定の要件を備えた帳簿で複式簿記により、経理を行う必要があります。

青色申告のメリットとは?

 青色申告の行うメリットの一つとして、青色申告特別控除があります。青色申告の控除額には、10万円の控除と65万円の控除があります。65万円の控除を受けるためには、複式簿記で記帳を行う必要があります。

 又、それに加えて65万円の控除を受けるためには、①事業的規模であること②貸借対照表を提出すること③申告期限内に申告することが必要です。

 他にも、青色専従者給与や少額減価償却資産の一括償却措置や純損失の繰越控除等のメリット等が挙げれます。詳しくは、個人事業主の税務でご紹介いたします。

 以上の点などからも、記帳を行い、青色申告を行うことをお勧めいたします。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!