個人事業主の経理

TOPページ > 個人事業主の経理 > 領収書がない支払いを経費にする方法

領収書がない支払いを経費にする方法

 領収書がない支払いを経費にする方法をお伝えいたします。

 領収書が必ずもらえるとは限らない

 前回の記事で、領収書は、必ずもらって下さいとお伝え致しました。しかし、いつも必ず領収書が貰えるかといったらそうとは限りません。

 例えば、電車の切符代・バス料金・自動販売機でジュースを購入した場合・ホテルでチップを払った場合等では、領収書をもらえるとは限りません。そのような場合の支払を経費にするために、まず、なにを買ったかその場で手帳などにメモをして下さい。

 必要経費にするためには

 基本的には、支払に対する経理処理は、領収書に基づいて行われます。領収書がないと支払った証明が出来ない為に経理処理が出来なくなってしいます。それでは、領収書がない支払を経費にするためには、どうしたらいいでしょう。

 領収書がない場合は、細かな処理で経費にすることが出来ます。領収書がない支払があった場合にメモをして頂いた内容を、出金伝票(市販のもの・自作のものでも構いません。)に書き写して下さい。これで、領収書がない支払を経費にすることが出来ます。出来るだけ、詳細に内容を記載することをお勧めいたします。

 又、従業員の方が領収書をもらえなかった場合は、同様に出金伝票に記載してもらい、出金伝票に個人事業主の確認印を押せば経費として認められます。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!