個人事業主の経理

TOPページ > 個人事業主の経理 > 保管義務のある資料とは

保管義務のある資料とは

 個人事業の皆様が保管しておかなければならない資料について説明します。

 保管義務のある資料について

 個人事業主の皆様が、確定申告が終了した後にも、一定期間保管する事が義務付けられている資料があります。

 帳簿(現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳など)...保存期間7年

 決算書類(損益計算書・貸借対照表・棚卸表・確定申告書・決算試算表など)...保存期間7年

 証票類【現金・預金関係の書類】(領収書・預金通帳・小切手帳・借用書など)...保存期間7年

 証票類【そのほかの書類】(納品書・請求書・注文書・検収書・見積書・契約書・領収書控など)...保存期間5年

 税務調査の際などに提示を求められたりして、必要になりますので、きちんと整理して保管しておいてください。特に、証票類で現金・預金に関係ない書類などは、保管されていない個人事業主の方も多く見受けれますが、きちんと保管しておくことをお勧めいたします。

 かさばる資料の保管方法とは

 資料が多くなってくると結構かさばるものです。そこで、きちんと整理してファイリングしておきましょう。

 ポイントとしては、自分で発行した請求書の控えと領収書の控えをセットにし、取引先から受け取った請求書・納品書・領収書をセットにし、それぞれ、対になって取引が証明される資料を一緒にファイリングすることです。

 又、資料が少量の場合などは帳簿と決算書類をひとつにまとめておくとさらに見やすいでしょう。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!