個人事業主の経理

TOPページ > 個人事業主の経理 > 基本的な勘定科目をマスターしよう!

基本的な勘定科目をマスターしよう!

 基本的な勘定科目をマスターして、経理業務を円滑に行いましょう。

 こだわりすぎに注意しよう

 記帳を行う際に、まず一番最初に悩むのが、どの勘定科目にしたらいいのかと言うことです。正確な勘定科目で記帳することも大切ですが、主な具体例を挙げますので、参考にしながら記帳を行ってみてください。

 又、注意して欲しいのが、あまり勘定科目にこだわり過ぎないないということです。基本的な考え方や仕訳は、マスターして、きちんとした経理業務を行なって欲しいのですが、ある一定のルールに従って記帳を行なって頂ければ、問題ありません。

 主な勘定科目の具体例

 通信費...切手代・郵送料・インターネット回線使用料など

 接待交際費...お歳暮・お中元代・冠婚葬祭の祝儀・取引先との飲食費など

 地代家賃...事務所家賃・駐車場代など

 支払手数料...振込手数料・弁護士税理士報酬など

 旅費交通費...電車代・バス代・タクシー代・宿泊代など

 租税公課...収入印紙代・固定資産税・事業税・自動車税・登録免許税・登記印紙代など(事業主の所得税・住民税・自宅の固定資産税などは含まれないので注意)

 消耗品費...パソコン・コピー機等の消耗品・10万円未満の物品を購入した場合など

 事務用品費...筆記用具・文具・ファイルなど

 水道光熱費...電気代・ガス代・水道代など

 広告宣伝費...ホームページの制作料(価格によっては、資産計上)・求人広告費・チラシ制作費など

 支払保険料...火災保険・自動車保険などの保険料など

 修繕費...パソコン・エアコンなどの修理代・車検費用など

 給与手当...従業員・パートの給与など

 福利厚生費...おやつ代・社内旅行費用・労働保険料など

 上記以外にも、様々な勘定科目があります。経理業務を行う上で、必要に応じて用いていって下さい。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!