個人事業主の経理

TOPページ > 個人事業主の経理 > 金額によって必要経費は、取扱いが違うってほんと

金額によって必要経費は、取扱いが違うってほんと

金額によって取り扱いが異なる必要経費について、ご説明致します。

購入した物の金額によって取り扱いが違う

 個人事業主の皆様が事業を営んでいく上では、コピー用紙やテープやパソコン等のものが日々必要です。事業に必要なものを購入した際には、購入金額によって経理処理方法が異なってきますので、注意して下さい。

 ①10万円未満の物品を購入した場合...消耗品費として全額経費処理

 ②10万円以上20万円未満の物品を購入した場合...一括償却資産として、購入額の1/3ずつを3年間に渡って必要経費を計上する。

 ③20万円以上の物品を購入した場合...工具器具備品として資産計上し、減価償却を通じて、耐用期間年数にわたって経費として計上する。

 但し、個人事業主の皆様は、平成15年4月1日から平成20年3月31日に購入したものに限って、30万円未満の物品(仕入れ商品は除く)を消耗品費として経費計上することが出来ます(平成18年4月1日以降は、取得金額の合計が300万が上限)。

 どちらがいいかは、個人事業主の皆様がご判断下さい。

セットで使うものは合計で判断!

 基準となる金額の判断は、注意が必要です。セットで使うものは、合計金額で判断して下さい。

 例えば、本体価格90,000円で購入したエアコンを取付工事費30,000円で取り付けた場合は、120,000円を基準にします。又、応接室で使うテーブルが75,000円で椅子が50,000円の場合は、125,000円を基準にします。判断の際に注意して下さい。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!