個人事業主の経理

TOPページ > 個人事業主の経理 > 車両を購入する場合、ローンとリースどちらがお買い得?

車両を購入する場合、ローンとリースどちらがお買い得?

 車両等の高額なものを購入する場合に、ローンとリースでは、どちらがお買い得かご説明致します

ローンとリースについて

 高額なもの(今回は、車両を例に取って説明します。)を購入する場合に、ローンで購入する方がいいかリースで購入する方がいいかご説明致します。

 まず、ローンで車両を購入するという事は、車両を分割払いで購入するという事です。このケースでは、車両は、「車両運搬具」として資産計上され、分割払いの代金は、未払金として経理処理します。その後、資産計上した車両運搬具の金額を耐用年数で減価償却します。車両の所有権は、個人事業主の皆様にあります。

 リースで車両を購入するという事は、車両を借りている状態です。ですので、経理処理としては、毎月の支払額を「リース料」や「賃借料」等の科目で計上して下さい。車両の所有権は、契約内容に異なりますが、リース期間が終わっても、所有権が移転しない場合もありますので、注意して下さい。

それでは、どっちがお買い得なの?

 それでは、耐用年数が6年の車両の場合で検討してみます。

 ローンのケースでは、耐用年数6年間に渡って、ローン金額(購入金額)を減価償却していきます。

 それに対して、リース料は、契約期間を5年にすれば、1年間早くリース料を経費に計上する事が出来ます。又、経理処理する手間も比較的掛からず、車両に係る自動車税や保険料等もリース料に含まれている為、維持費も掛かりません。しかし、リースの場合は、その分割高になってしまったり、途中で解約する事も出来ないなどのデメリットもあります。又、リース料を払い終わった後も、所有権が移転しない場合や移転する場合には、別途費用がかかる場合等もありますので、契約時にきちんと調べておく事が必要です。

私見として

 私見としては、一般的な事案でローンを組む事ができるならば、ローンで購入した方がいいと思います。リースで購入すると色々と縛りがあり、万が一の事態で契約を解除する場合等は、多額の解約金を支払わなくてはいけません。勿論、資金面で余裕があるようでしたら現金で購入されるのが一番です。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!