所得税について

TOPページ > 所得税について > はじめに

はじめに

 「個人事業主・自営業・フリーランスのための情報サイト 個人事業主.com」(以下、当サイト)の「所得税について」では、国税である所得税法についてご説明していきます。

 所得税について、基本的な事項をご説明するので、ご覧になる皆様の状況により判断が異なりますので、本サイトにおける情報についての責任は負いかねますので、最終的には、ご自身の判断に従って税務業務・経理業務を行って下さい。又、ご自身で、判断しかねる場合は、お近くの税理士等にご相談する事をお勧めいたします。

税金とは

 税金とは、国や地方公共団体が私達、国民や住民に対して公共サービスを行うために必要な経費を、私達に負担を求めているお金です。

納税義務について

 私達は、税金を納める義務があり、憲法30条により以下のように規定されています。

【納税の義務】
第30条 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

租税法律主義

 また、憲法84条で以下のように規定されています。

【課税の要件】
第84条 あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。

 これは、国や地方公共団体が、思いつきで税金を課税したりする事を防ぐために規定されています。私達が税金を徴収される場合には、法律という根拠に基づいて課税・徴収されるという事です。

税金の種類

 日本では、様々な種類があり、大きく分けると国税と地方税に分けられます。当サイトでご説明するのは、個人が1暦年間に稼いだ所得に対して課せられる税金 所得税をお伝えします。そして、この所得税は国税となります。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!