所得税について

TOPページ > 所得税について > 所得税法の構成

所得税法の構成

 所得税は、所得税法に所得税法施行令・所得税法施行規則が付属されており、これらが所得税の体系を構成しています。

 所得税法では、個人に対して課せられる税金について重要な事項を規定してます。そして、その他の具体的な計算事項を所得税法施行令で、細かい手続きなどを所得税法施行規則で定めています。

通達について

 通達とは、租税関係法令の具体的な解釈を示すものです。法令の解釈により取扱いが異なるため、この取扱いを統一するための税務官庁が発する公文書です。しかし、法律ではないため、法律による拘束はされないものです。

 所得税でも、法律の解釈により取扱いが異なる場合があります。実務でも解釈により所得が異なり、しいては税額が異なる場合があります。通達は法律ではないため拘束はされないはずですが、実務ではこの通達を基に処理をします。これは、課税する税務官庁の公文書としての税務の判断であるためです。

所得税法と関係する他の法律

国税通則法

 国税通則法とは、国税に分類される税金の共通事項について規定しております。

国税徴収法

 国税徴収法とは、国税に分類される確定した税金の滞納について規定しております。

租税特別措置法

 租税特別措置法とは、所得税のほかに各税法(法人税法、相続税法など)の特例を定めております。

災害減免法

 災害減免法とは、台風や地震などの災害により被害を受けた場合の減免措置などを規定しております。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!