所得税について

TOPページ > 所得税について > 所得税の納税義務者となる個人

所得税の納税義務者となる個人

 所得税では、所得のある個人に対して税金を課することを原則としています。

納税義務者の種類と課税所得の範囲

 この所得税の納税義務者となる個人を居住者と非居住者に分けて、更に居住者は非永住者と非永住者以外の居住者に区別して課税がされます。

居住者

 居住者とは国内に住所を持っている個人、又は現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人です。一般的に日本国内だけで生活している方は非永住者以外の居住者に当てはまり、国内外を問わず生じた所得について、所得税が課税されています。

  • 非永住者
    日本国籍がなく、かつ、過去10年間のうちに国内に住所又は居所を有する期間の合計が5年以下である個人で、国内において生じた所得の全てと、これ以外の所得で日本で支払われ、又は国外から送金されたものに所得税を納める義務があります。
  • 非永住者以外の居住者
    非永住者以外の個人で、国内外で生じた全ての所得に対して所得税を納める義務があります。
非居住者

 居住者以外の個人で、日本国内において生じた所得のみ所得税を納める義務があります。

※ここでいう住所とは、各人の生活の本拠をいいます。(民法と実務では解釈が異なる場合があります。)
※ここでいう居所とは、住所以外の場所で、相当期間継続して居住する場所をいいます。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!