所得税について

TOPページ > 所得税について > 所得の区分

所得の区分

 所得税は、課税の対象となる課税対象所得を10種類に区分して、それぞれ定められている方法により所得の金額を計算します。

 課税対象所得は、次の種類に区分されます。

  1. 利子所得
    預貯金・公社債の利子などに係る所得
  2. 配当所得
    法人から受ける利益の配当・剰余金の分配などに係る所得
  3. 不動産所得
    不動産の貸付に係る所得
  4. 事業所得
    農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業から生ずる所得で、不動産所得・山林所得・譲渡所得に該当するものは除きます
  5. 給与所得
    給料や賞与などに係る所得
  6. 退職所得
    退職一時金などに係る所得
  7. 山林所得
    保有期間(取得日から譲渡の日までの期間)が5年を超える山林(立木)の譲渡による所得
  8. 譲渡所得
    資産の譲渡による所得
  9. 一時所得
    公営競技の払戻金や懸賞の賞金などに係る所得
  10. 雑所得
    公的年金等と公的年金等以外に区分されます。
    • 公的年金等
      国民年金・厚生年金・退職年金などに係る所得
    • 公的年金等以外
      非営業用の貸付金の利子などに係る所得

 上記の区分により所得を分けて、所得の金額を計算します。それぞれの所得の種類や計算の方法については次回からご説明を致します。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!