所得税について

TOPページ > 所得税について > 給与所得とは

給与所得とは

 給与所得とは、俸給、給料、賃金、歳費及び賞与並びにこれらの性質を有する給与に係る所得をいいます。主にサラリーマンのお給料が給与所得に該当します。

※俸給とは、公務員が受ける給与をいいます。

※歳費とは、国会議員が受ける給与をいいます。

所得の金額

  1. 収入金額
  2. 給与所得控除額(サラリーマンの必要経費に当るものです。)
  3. 1-2 = 給与所得の金額

※収入金額とは、税引き前の金額です。給与は、支払を受ける際に源泉所得税や社会保険料等が天引きされています。手取り額ではなく天引きされる前の金額が収入金額です。

※給与所得控除額は、給与収入を得るための概算経費として控除できる額です。

※給与等を2ヶ所以上からもらっている方は、収入金額(税引き前の金額・源泉徴収票の支払金額)を合計して計算します。

給与所得控除額

 給与所得の金額は、給与等の収入金額(税引き前の金額・源泉徴収票の支払金額)から、給与所得控除額を差し引いて算出します。給与所得の金額は、次の表より算出する事ができます。

 また、給与等の収入金額が660万円未満の場合には、次の表にかかわらず、所得税法別表第五により給与所得の金額を直接求めます。

» 所得税法別表第五を見る(PDFファイルです・6ページをご参照下さい。)

給与所得控除額算出表
給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
1,800,000円以下 収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超 3,600,000円以下 収入金額×30%+180,000円
3,600,000円超 6,600,000円以下 収入金額×20%+540,000円
6,600,000円超 10,000,000円以下 収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超 収入金額× 5%+1,700,000円

課税方法

 給与所得は、総合課税とされ、超過累進税率により所得税が課税されます。源泉徴収税額は、確定申告により精算されます。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!