所得税について

TOPページ > 所得税について > 退職所得とは

退職所得とは

 退職所得とは、退職手当、一時恩給その他の退職により一時に受ける給与及びこれらの性質を有する給与に係る所得をいいます。

所得の金額

  1. 収入金額
  2. 退職所得控除額(必要経費に当るものです。)
  3. (1-2) × 1/2 = 退職所得の金額

※収入金額とは、税引き前の金額です。退職所得は、支払を受ける際に源泉所得税等が天引きされています。手取り額ではなく天引きされる前の金額が収入金額です。

※退職所得控除額は、概算経費として控除できる額です。勤続年数に応じてその金額は変動します。

退職所得控除額

 退職所得控除額は、次の表より計算が出来ます。

 また、障害者になったことが直接の原因で退職した場合の退職所得控除額は、次の表より計算した控除額に、100万円を加算します。

退職所得控除額算出表
勤続年数(=A) 退職所得控除額
20年以下 40万円 × A(勤続年数)
【80万円に満たない場合は80万円】
20年超 800万円 + 70万円 × {A(勤続年数) - 20年}

課税方法

 退職所得は、他の所得と総合せず、超過累進税率により所得税が課税される、分離課税の所得です。

 退職手当等の支払に伴い「退職所得の受給に関する申告書」(退職手当等の支払者が保管する書類です)を提出している場合には、支払者が所得税・住民税を計算して源泉徴収が行われるため、原則として確定申告の必要はありません。

「退職所得の受給に関する申告書」(退職所得申告書)を見る

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!