個人事業主の税務

TOPページ > 個人事業主の税務 > 個人事業主の皆様の支払う税金とは

個人事業主の皆様の支払う税金とは

 個人事業主の皆様が支払う様々な税金について説明します。

個人事業主の皆様は、自分で申告する

 個人事業主の皆様は、サラリーマンの人達と異なり、自分で税金を計算し、自分で税金の納めなければいけません。

 税金を計算する過程で、皆様がしっかりとした知識を持っているかどうかによって納める税金の額も変わってきます。例えば、本来、計上すること出来る経費を計上していないと、その分、納める金額は上がってきます。又、もし、税理士等に申告を依頼する場合でも、自分自身である程度は、把握していないと経営にも結び付きません。

 ですので、個人事業主としてスタートした皆様は、ある程度の税務・経理について勉強する事をお勧め致します。

 個人事業主に掛かる税金って?

 個人事業主の皆様が支払う税金について簡単に説明します。

・所得税...個人事業主の皆様の所得に対して掛かる税金です。基本的には、収入から必経費を差し引き、各種控除を引き、その上で税率を掛けて計算します。国に対して納める税金です。個人事業主の皆様の税金のうちの一番中心となる税金です。

・住民税...個人事業主の皆様の所得に対して掛かる税金です。地方自治体に対して納める税金です。

・事業税...事業の儲けに対して掛かる税金です。地方自治体に対して納める税金です。

・消費税...一定の規模の事業主に掛かる税金です。個人事業主となった皆様は、お客様から消費税を預る立場となります。

・印紙税...契約書や高額の領収書等に張る収入印紙です。本来張らなくてはいけないのに張っていない場合は、税務調査の際に、指摘されてしまいますので、気をつけて下さい。

・国民健康保険税...個人事業主の皆様の健康保険制度に対して支払う税金です。

タグ

ピーアールサイト


コンテンツ

RSSATOMFEED

Valid CSS!